地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、川崎市宮前区の地域ポータルサイト「宮前ぽーたろう」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

川崎市宮前区の地域ポータルサイト「宮前ぽーたろう」

Cute Movies

ドリーム

全ての働く人に贈る、勇気と感動の実話

9月29日(金)TOHOシネマズシャンテ他全国ロードショー<br>(c)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation
9月29日(金)TOHOシネマズシャンテ他全国ロードショー
(c)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation
ドリーム

【スタッフ】監督:セオドア・メルフィ
【キャスト】タラジ・P・ヘンソン、オクタヴィア・スペンサー、ジャネール・モネイ、ケビン・コスナー、キルスティン・ダンスト、ジム・パーソンズ、マハーシャラ・アリ

ストーリー

1961年、米ヴァージニア州ハンプトン。ソ連との熾烈な宇宙開発競争を繰り広げるNASAのラングレー研究所には、ロケットの打ち上げに必要不可欠な“計算”を行う黒人女性たちのグループがあった。そのひとり、天才的な数学者キャサリン(ヘンソン)は宇宙特別研究本部のメンバーに抜擢されるが、白人男性だけのオフィス環境は劣悪そのもの。同僚のドロシー(スペンサー)とメアリー(モネイ)も、理不尽な障害にキャリアアップを阻まれてしまう。それでも仕事と家庭を両立させ、ひたむきに夢を追い続けた3人は、NASAの歴史的な偉業に携わり、自らの手で新たな扉を開いていくのだった……。
アカデミー賞3部門にノミネート、全米で「ラ・ラ・ランド」を超える大ヒットを記録。爽快なバイタリティと軽妙なユーモアに満ちあふれ、等身大の共感を誘う“お仕事ドラマ”としても、NASAの宇宙開発の軌跡を描く“歴史ドラマ”としても一級の出来ばえを誇るエンターテインメント快作。新たな時代を切り開き、とびきりの夢を叶えたヒロインたちの輝かしい真実がここにある。

記者の見どころ

本作『ドリーム』は、初の有人宇宙飛行を支えた、3人の女性を描いた作品だ。本年度アカデミー賞の作品賞、助演女優賞、脚色賞にノミネートされた、人種差別や性差による偏見が色濃く残っていた時代に、夢を追い続けた感動の物語だ!

天才的な数学者でありながら活躍の場を与えてもらえないキャサリン、責任だけを与えられ管理職での昇進を見送られ続けるドロシー、そしてエンジニアを目指すも有色人種用の教育体制がないことに悩むメアリー。時代や環境は違えど、今を生きる人間にも“お仕事ドラマ”として、共感できる点が多数あった。

彼女たちの眼の前に夢を諦めかけるほどの壁が立ちふさがった時、それを乗り越えられた理由。それこそが本作の持つメッセージであり、誰もが共感と憧れを持つような彼女たちの姿がスクリーンにカッコよく映る。本年度アカデミー賞で脚色賞(原作を持つ脚本に贈られる賞)にノミネートされた、知られざるヒロインたちのサクセスストーリーだ。

最大の問題が迫った際に宇宙飛行士の言う一言は、全ての働く大人へのエールに聞こえた。時代に、環境に負けることなく戦い続けた3人の女性の物語である本作は、今を生きる大人に捧ぐ、この秋屈指の美しきお仕事ドラマだ。

Text by EISUKE